引越しってお金がかかりますよね。。。

「引越し」は精神的にも肉体的にも多大なパワーが必要です。軽い気持ちで「引越しでもしよっかな」という人も中にはいるかもしれませんが、多分少数でしょう。それくらい、引越しというのは時間もお金も体力も使います。

 

私は何度か海外で生活をした経験があるのですが、海外での引越しはとても気軽に出来ました。・・・と言うのも、面倒な手続きがほとんど無いんですよね。日本の引越しはやることが多すぎで面倒なイメージしかなく、「引越し=(イコール)面倒」という方程式がすっかり定着していました。

 

引越しの手続きも面倒なのですが、引越し費用もバカになりませんよね。引越し屋さんに支払うお金はもちろん、アパートやマンションの初期費用も信じられないくらい取られます。その他、役所の手続きにもお金がかかります。

 

そう考えると引越しは人生の一大イベントです。賃貸の場合だと2年更新の契約がほとんどなので、更新料金で家賃一ヶ月分を追加して支払うくらいなら、気分転換に新しいところに移りたいと言う方もいるかもしれませんが、ほとんどの人は一度引越しをするとずっと同じ所に住み続けるでしょう。中には1度も引越しをすることなく生涯を終える人もいるかもしれませんね。

 

引越すことになってかかった費用

 

少し具体的に引越しの費用を見て行きましょう。

 

まず、物件が決まります。そうすると家賃の他に初期費用として敷金・礼金、火災保険、カギの更新、仲介手数料、ハウスクリーニングなどを不動産屋さんに支払います。車がある人はガレージ代も必要ですね。最近は敷金・礼金など不要な物件もありますが、それに代わる名目で手数料を持っていかれるケースもあります。

 

不動産によって初期費用の内訳も異なるので、この辺は少しグレーな感じがします。

 

家賃が6〜7万だとすると、初期費用は安くても20万、30万以上必要になってくる場合もありますね。出来るだけ初期費用が安い物件を探すのも引越し費用を抑える大きなポイントとなります。

 

そして引越し屋さんに支払う金額ですね。これは部屋の大きさ、荷物の量、移動距離、階段/エレベーターなど、様々な条件によって料金が異なります。引越し費用の相場を知りたい場合、お勧めの方法があります。それは複数の引越し業者さんに一括見積を依頼することです。一括で見積りを取ってもらうことによって相場も分かりますし、場合によっては交渉をすることも出来ます。ぜひ、一括見積りを活用して引越し費用を抑えましょう。

 

引越しが終わると荷物の処分や、足りないものを購入するためにまたお金がかかります。カーテンや家具類といった大きな買い物から、食器や掃除用具といった細かいものまで、引越し後しばらくは買い物続きの日々になるでしょう。

 

引越しをするということは、普段の生活費とはエクストラでお金が必要になってきます。出来るだけ安く抑えるために、物件や引越し業者選びは念入りに行いましょう。